年取ると痩せにくくなるよ~に必死で抗うブログです笑

俺はただ5kg痩せたいだけ。

*




中年太り 太るメカニズム

中年になるとなぜ太る? 中年太りのメカニズム

投稿日:

若いときには少しくらい食べ過ぎても太らなかったのに、40代を過ぎたら太りやすくなったという方も多いと思います。こうしたいわゆる「中年太り」はどうして起こるのでしょうか。中年太りのメカニズムを知って適切に対処することが大切です。

まず、中年太りのメカニズムを理解するためのキーワードとなるのは、「基礎代謝」です。基礎代謝とは端的に言えば、生物が生きるために最低限消費するエネルギー(カロリー)の合計のことです。

具体的には、呼吸や血液の循環、体温の保持、生命維持に必要な物質をつくり不要な物質を排出する新陳代謝など、運動をせずにただ寝ているだけでも消費されるエネルギーのことで、10代の成長期には成長ホルモンをたくさん分泌させて骨や筋肉を活発に成長させるために基礎代謝が大きいのです。

このため、成長期である10代後半をピークに、20代、30代と基礎代謝量は徐々に下がっていきます。そして40代になると加齢によって細胞の代謝活動も衰え始めるので、消費カロリーも激減してしまうのです。

これに対し、人間は食事によって得たエネルギー(摂取カロリー)が消費カロリーを上回ると、残りのエネルギーを飢餓に備えるために脂肪として蓄えようとします。つまり、40代になると基礎代謝の低下によって消費カロリーが減少し、脂肪が蓄えられやすくなるため、中年太りになってしまうというわけです。

中年太りはこのようなメカニズムで起こるわけですが、中年太りを予防するために摂取カロリーを減らせばいいと安易に結論づけるのは危険です。これは摂取カロリーを無理に減らそうとすると栄養バランスが崩れ、体調を崩してしまうリスクが高くなるためです。

このため、食事では脂肪分や糖分の摂り過ぎや野菜不足に注意するとともに、毎日適度な運動で消費カロリーを増やすことが有効な対策となります。

特に、基礎代謝量は筋肉量を増やせば上がるので、中年太り対策には筋トレが有効です。普段、運動習慣があまりない方はいきなり負荷のかかる筋トレは身体を傷めるリスクが高いので、ヨガやピラティスといった軽い負荷の運動から始めるとよいでしょう。




-中年太り, 太るメカニズム

Copyright© 俺はただ5kg痩せたいだけ。 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.